株式会社ザカモア 代表 西村拓朗
トップメッセージ

代表挨拶

31期「経営計画発表にあたって」



みんなの汗と涙の結晶で、土台が固まった。

みんなの熱と力で、未来への道ができた。

さあ今こそ、この道を堂々と歩んでいこう。



 30期、私たちは大きな変革を行いました。

それは、在庫の削減です。過去30年の中で、これほどまでに大きな整理をしたのは初めてのことです。

実行する前は誰もが「そんなの無理だ」とつぶやいていました。



しかし、みんなはやり遂げることができた。

社長が無理を承知でお願いしたことを、実行できた。

これが我が社の独自能力です。



 31期、どんな夢を描いていますか。

5年後どんな未来にしたいですか。

仕事は、家庭は、人生はどうなっていますか。

今期は、過去最高の結果を必ず出します。

そのために、築き上げた土台をしっかりと踏みしめながら、

私たちの独自能力を大いに発揮し、輝く瞳を前に向け、

堂々と前進していきましょう。



この経営計画書は

家族の期待と責任を一身に背負っている社員が、

安定した生活を築くため、昨年の過ちを正し、



お客様に愛され支持される会社を実現するために

数字による目標と方針を明確にし、



何をしなければならないか、

又、何をしてはいけないかを

熱い願いを込めて書き上げたものです。



ここに書かれた目標、方針に対する利益責任は、

方針を立てた社長一人にあります。



社長の勤めは社員に、

やりがいのある仕事が出来る、

環境を整えることであり、

その結果、成果が得られれば、

社員、皆さんのお手柄です。



したがって実行する主役である社員一人一人に

実施責任を持っていただきます。



朝、起きて仕事の出来ることに感謝し、

家族・同僚との絆を大切にし、

同じ時代に生きる縁の不思議さと喜びを共有して、

多くのお客様や関係する方々が

応援して下さる会社にします。



社長が先頭に立って、汗を掻いて働きます。

無理を承知で、皆さんに協力をお願いいたします。



令和元年8月3日

株式会社ザカモア 代表取締役社長

サイン

サイトマップ